試合/Competition

/TP/


最近ブログをアップするのを怠っておりました。 4月は仕事が最も忙しい月と言う事もありますが、試合に出場した選手が写真を撮って来なかったと言う事もあり、きっかけを失ってしまった訳です。 ここ最近のビーチペタンクの活動を一気に掲載します。 写真は東京ペタンクの模様です。
4月7日(土):夢の島シングル。 
JとACEが参戦しました。 Jは、奮う事なく予選敗退。 今は経験を積めば良いと思います。 ジュニアで石テランでの試合を経験するだけでも、プラスになるでしょう。 また、テランに合わせるのではなく、いつも通りのスピンの利いた投球で、チャンスがあればティールを多用するように助言しており、本人はその通りプレーしたようです。 校庭テランでもそうです。 それでイイと思います。 周りを見て、練習した事もない、ルーレットで寄せたり、普段ならティールする場面で躊躇するのでなく、普段通りで行けと。 私の指示通り、負けても負けてもそれで行っただけでも、褒めてやりたいと思います。 いつか技術が向上し、安定してくれば、結果はついてくるでしょう。 さて、ACEは、関東の名だたる強豪を倒し、全勝で決勝リーグにあがり、決勝進出。準決勝あたりから、足が吊る状態で座位からのポワンテが使えなくなってしまった。 決勝は日本が誇るK成選手。 やはりこのコンディションで勝てる訳もなく、敗退。 悔しい準優勝でした。
4月21日(土):東京ペタンク”Best-of-8″
いよいよ始まった、東京ペタンクの第一回大会が青山公園で開催されました。8つの選ばれしチームがペタンクの技術を駆使できるテランで、ダブルイリミネーションでトリプレットで戦うと言う大会です。 運営側の一人として、反省点もありますが、他に無い意義深い大会になったと思います。 今後は、腕に覚えがあるチームが関西や海外からも招聘できればと考えております。 ビーチペタンクからは、Jと私がビューラー師匠と組んで3世代チームを結成。 Jをティールに据えて、できるところまで行くと言うコンセンサスを持って挑むも、どの試合も途中でティールを交代せざるを得ない状態。 第一試合を旧知のヒマラヤチームを相手に12-13で落とすと言う波乱で、ペースは乱れまくり。二試合目はK成、K藤、S藤の関東が誇る最高チームに、13-7で勝利! これでなんと、K成チームは2敗で敗退すると言う、大波乱。 三試合目は再びヒマラヤと辺り、また落としてしまい、万事休す・・・ 運営側が2名もチームにいると言うのは、大きなデメリットになると、言い訳しておきます。 もう1チームは、HOP, ACEが相模原のI田さんに加わっていただいて出場。 1敗で後が無い状態から、2つの逆転勝ちを含む苦労の連続ながら、決勝では全勝で上がってきた青山チームを下し、優勝。 久々のペタンクだったHOP選手が、それなりのパフォーマンスをしてくれたのが、勝因でしょう。 常にアグレッシブに攻めるチームで、優勝にふさわしいペタンクだったと思います。
4月22日(日):愛川オープン
欠員が出たとの事で、急遽 ACEとJが、出場。 パートナーは前日優勝した、相模原のI田さん。 Jのパフォーマンス次第と言う状況。予選はJが機能し、全勝で決勝トーナメント進出。 決勝トーナメント第一戦で前日屈辱を味わったK成さんが、御殿場のS藤親子と組んだチームと対戦。 流石に、日本ナンバー1プレーヤーは、そう何度も負けません。 特に元ジュニア代表のS藤M君も加わったチームは、現ジュニアのJにとっては、大きな意味がありました。 残念ながら、ここで終了。 とは言え、2日連続でトッププレーヤーと対戦できたことは、Jにとって大きな糧になるでしょう。 

Discussion

No comments for “/TP/”

Post a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

Categories

  • カテゴリーなし

Tweet of Petanque Mania