etc.

Petanque in Paris, Fall2010


ヨーロッパ出張の最終目的地はパリ。 6月にも訪問したArenas de LuteceをホームテランとしたAmicale Boulisteクラブに再びお邪魔しました。 ホテルも前回と同じテランに面したホテル! チェックインするなり道向かいにあるクラブの寄り合い場のカフェに行きご挨拶。 女性オーナーが覚えていてくれて歓迎されました。 6月と違ったのは、セッションが始まる時間が早まっていると言う事でした。 クラブメンバーの寄り合い場を抑えていると、何かと役に立つもんです。 早速昼食後にアリーナに行くと、前回仲良くなった英語の出来るAndreが居て、大歓迎してくれました! 涙が出る程嬉しかった。 何はともあれゲーム! 初日からガンガン、ゲームに混ざって思う存分プレーできました。 初日の出来は今一だったので、進んでポワンテに。 途中で来た、やたら上手い人のチームと対戦。 ウネウネのテランに対してもポワンテが冴え、パートナーのティールも良く当たり2戦連勝。 これは大きかった。 そこに登場したのがJulio君。 いきなり日本語で『日本人ですか?』と聞かれ面食らう。 思わず『フランス人?』と返してしまいました。 日本語を3年間勉強している彼は、ジュニア時代に全フランスでベスト13になった事もある人で、物凄いポワンテール! ついでに英語もできるので通訳にバッチリ!
2日目もフルに参加。 Julio君も登場し一緒に組んだり、対戦したりのゲームはハイレベルで楽しかったな~。 Julio君はエフェ(左右の変化球)を隠し味にして、ウネウネを攻略するポワンテで、しかもエフェ操作時に生じるバックスピン量の低下に対する距離感の調節が絶妙で、まあ、寄せる寄せる。 動画を別エントリーでアップします。 私もエフェは大好きで傾斜と喧嘩させてみたり、傾斜の上から大きく曲げてみたりと色々試していたので、物凄~く参考になりました。 私の場合、エフェに頼り過ぎる帰来があり、他のプレーヤーと全く異なるラインからの寄せが多い物の、その分失敗も大きくなる。 しかしJulio君はほとんど傾斜と喧嘩する方向に軽めに掛け、他のプレーヤーとさほど変わらないドネ位置を選んでの投球でした。 ん~面白い。 セッション後のビール越しのJulio君との内緒のエフェ談義は、楽しくて仕方ありませんでした。 前回の訪問時に受け入れていただいたお礼に、自作して土産にしたAmicale BoulisteのTシャツも好評、平塚ビーチペタンクのロゴ入りビュットも好評でした! Julio君は日本に興味深々で、いつか必ず日本に来ると言ってます。 その時は我が家に泊るように! 
The last stop of my business trip was in Paris. I have visited the Amicale Bouliste club which is using Arena de Lutece as home terrain which I have visited in June, again. Of course, I staid in same hotel which is right at the arena. As soon as I have checked in, I have visited the cafe cross the street which is the home cafe for the club members. The owner has remembered and welcomed me. Nice! What I have learned there was that session starts earlier in Fall. Good to have member’s cafe, so that even I can get such information. When I walked into the arena, Andre who took good care of me in June was already there and welcomed me like an old friend. It brought tear to my eyes… Thank you Andre. There comes a very good player. He was great pointeur with feeling and constant shooter. I had 2 doublet with his team partnered up with pony tail gentleman. My pointing was sharp and he shot well, so we managed to win both. It was highlight of the day. Then a young guy named Julio showed up. When he was jounior he has become best 13 in all France. He was such a great pointeur. He has learned Japanese for 3 years and speak good Japanese! With his good English and Japanese, I felt very comfortable communicating after that. In the 2nd day, Julio joined in and I had match with or against him. He apply effet when he point. When you apply effet, difficulty is the reduced back spin, but Julio manage to adjust it perfectly. I will load his movie up to see how he throw. I like to apply effet when I point, and was trying to conquer the dynamically undulated terrain of arena. What I was trying to twist against the slope to set off the slope, or use the slope dynamically. But the way Julio does is different. I tend to choose donnee totally different from other players because I over-rely on the effet, but Julio’s donnee was similar to others with added flavour or touch. We talked after session about effet and it was fruitful for me to learn. Again, it was great playing in Paris! I will come next year!!

Discussion

No comments for “Petanque in Paris, Fall2010”

Post a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

Categories

  • カテゴリーなし

Tweet of Petanque Mania