Integrale社

  • Elite

    Integrale社最高のステンレスブールです。75mmφ、680g。硬度115Kg/mm2との事ですが、素材のためか、Match+と比較すると全てが固めに感じます。A.Buehler師匠が長年使用しているEliteと私のとでは、表面のマット感が異なる点も気になります。長年使用すると、ああなるのでしょうか?スルっとする手馴染みに、75mmφは私には大き過ぎる感覚が伴いますが、逆転の発想で、手離れが悪い時は、積極的に活用しています。石が多いテランで使用して、傷だらけになった直後は、非常に使いやすくなりますが、表面が再び落ち着くと、基の淡白な感じに戻ります。それでも非常に良いブールです。

  • Touch

    Integrale社の安価な鉄ブールで、サイズと重さの実験を行うために採用しました。硬度113Kg/mm2と非常に柔らかいはずですが、Match+より硬め、BiPoleよりも若干硬め、Eliteよりは柔らかめで、BB社のPrestige Inoxと同等か若干柔らかめ、と言う事はNexius位か?と言う印象です。コストパフォーマンスを考慮すると非常に良いブールと言えるでしょう。 実験用に作ったブールは72mmφ、800g / 73mmφ、700g / 75mmφ、650g さながらポアンテ用、ミリュー用、ティール用と言った所でしょうか。この実験により、自分が好むサイズと重さの解が、結局最初に購入したMatch+と同じ、74mmφ、680gと導く事ができました。興味深いのは、75mmφ、650gのブールで、大きなブールを軽く作ると、単位面積当たりの重量比の関係で、実際の仕様以上に軽く感じます。 逆もしかり。 軽さのせいか、打感も軽く楽にティールできるブールながら、あっという間に摩耗により規定範囲の650gを切ってしまう難点があります。 色味の違いは洗浄後にシールド剤でさび防止を施した75mmφと練習に使用中の72mm,73mmφの差です。 保存にはシールド剤がお勧めです。

Categories

  • カテゴリーなし

Tweet of Petanque Mania